子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

インフル来襲

先日のクリスマスイブからです、娘が罹りました。

 

違和感は前日くらいからありました。

めまいがする、と言うのです。その時はまだ熱もなく食欲もあり、風邪の初期症状かな?と話していたくらい。

それが、おそらくイブの昼あたりに急に発熱。出先で体温が測れず、触った感じの熱予想は低くても37.9〜高いなら38.5の予想。ようやく午後3時くらいに体温計を借りて測ったところ、大きく上回る39.4で大騒ぎでした。

 

クリスマスイブは日曜日だったので、その日の夜間診療に行ってもきっと検査は出ない。翌日の25日の朝一でかかりつけの病院に行ったところ、うっすらB型のラインがでて、確定です。

病院に行く前は40度超だったのが、イナビルを吸ったその日の夕方には37.5まで下がりました。

 

皆様には統一日まであと3週間ですね、なんて行っていましたが、もうもうもう、本当に!気をつけてくださいね。

娘は熱は微熱に下がっても、宿題に手をつける気力がなかなか湧かないそうです。しんどさもわかるだけに、母の内心ヤキモキ💦。

クラスメイトにも部活仲間にもインフルにかかった人はいなかったらしく、電車やバス内でもらったのかもと話しています。どこから貰ってくるかわかりませんが、油断しまくっていたことは確か。

風邪と違ってインフルは強烈です。気力が奪われますので!。

 

ちなみに、家族で唯一、娘が隔離&マスク生活を始める前に近くにいたのは私。潜伏期間が今として、仕事納めの翌日30日や大晦日あたりから発症するんじゃないか…と思って、職場に広げないようマスクをしています。

一昨年に約20年ぶりにインフルにかかり、それがBだったので、抗体があればいいな…と願いながら。