子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

5年灘中実戦テスト☆リュー小5の11/23

5年生の灘中実戦テスト。

6Nクラスへの選抜試験で、これでB判定以上だと6N確定です。
 
6Nに入るための条件として…
 
○5年の模試で算数ss65かつ3科目ss60、もしくは算数ss63かつ3科目ss63以上
 
これが基本条件としてまずありき。それ以下なら足切りらしいです。
その上で…
 
○11/23の実戦テストですB判定以上。
○5年生時1回〜6回の灘中チャレンジで平均B判定以上。
○Nプロジェクト講師の推薦。
 
のどれかに該当しないと入れません。
1つ目が一番明確です。
2つ目は、各灘チャレで入試判定が出てないので、ぼんやりしています。きっと30傑の常連なんかはB以上と思えるんでしょう。
リューは6回、7回(判定は6回まで😰)でベスト30入りしたものの、2回なんかは谷に落ちた結果でした。
3つ目はスッキリ納得のものでなく、先生の温情に託す感じ。
 
さて、試験が終わって合流したリュー。微妙な顔でした。
「聞かんといて、算数難しかったし感触ないねん。国語はまあまあ」
算数で稼いで国語理科で食いつぶすタイプの彼。どんな結果になるか、一種の入試の後のような気分でした。