子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

子育て卒業をみすえて

f:id:yukinkotwins:20190801085111j:image

お久しぶりです。気づけば今年も終わってしまいそう。まだ、お歳暮も年賀状も手配してないのに…。リアルに忙殺されてる間もご訪問くださった皆様、ありがとうございます。

写真はこの夏、見送りにいった伊丹空港でみたスターウォーズ機。なんかテンション上がりました。

 

日々、月々、年々うちの子たちは身も心も成長して、手がかからなくなってきています。三歩進んで二歩下がる状態ですが、それでも1年前とは明らかに成長しているのは実感。任せるという名目の放任で、親がもう知らんぷりしてるだけかもしれませんが、確実に庇護下にいる割合は減っています。任せても大丈夫と思える瞬間が増えました。

そうこうするうちに見えてきたのは、"子離れ"という次なる課題。親の背を越しても、態度が反抗期で生意気になっても、叱ってるつもりで逆に諭されたり論破されても、生まれた時や幼児期が思い出せる我が子ですから、いつだってあの可愛い時代の感覚で接してしまえますが、彼ら彼女らはいつか親を追い越していきます。私はすでに記憶力じゃもう太刀打ちできません。子供が自立していくにつれ、今度は親が彼ら彼女らの足かせになってやしないかと、いつも自分に問いかけています。

親は良かれと思ってやってることが実は余計なこと、なんて十分ありえる。子供の自立に合わせて私たちも変わっていかなくてはいけないのですよね、きっと。子供たちはいつまでも親の手助けが必要な幼児ではないのだから。現実に私は最近お友達(それも複数)に、十分過保護だと言われたところ。危ない危ない。だからこの先5〜10年ほどの期間、私のテーマの1つは子離れなのだも思います。

子供が手元を離れていくより前に、私の人生の楽しみを他に見つけようと企み中。パートから始めたセカンド社会人人生は、仕事が面白くなってきたのでまずはキャリアアップを。仕事を頑張って年金不安もあるので老後資金を貯めようと思います。そして趣味も探し中。特にこれといって特技のない私なので、ずーっと先のおばあちゃんになっても出来そうなことを何かしたい。就職活動の頃以来の、自分と向き合う時間です。

とはいっても手元から離れる日までは最優先課題は子育てなので、まだまだ自分のことは後回しなのですが。

令和最初の文化祭(ver神女)

f:id:yukinkotwins:20190914103152j:image f:id:yukinkotwins:20190914173149j:image f:id:yukinkotwins:20190914173224j:image

今日は素晴らしい秋晴れでしたね。こんな日は神戸女学院のあの校舎が真っ青な空に良く映えます。このタイミングで文化祭。なんてラッキー。私もさっと一巡りしてきました。

途中、息子とその友達たちとも出会いました。挨拶してくれる息子の友人たち…ほんとにみんな彼女居ないのか⁈、居ないから来るのか⁈とちょっと下世話なことを思ってしまいました。

 

受験期から文化祭は毎年来ていますが、全部回りきれている感じがしません。まだ全然足りない。それは他校でも同じかも。

娘は生き生きと自分の仕事をこなしていたり、楽しんでいたり。この環境で思春期を過ごせていることが、あの子にとっては何より有難い。あとはもう少し、私が心配なくていいように、色々頑張ってくれれば…ね。

ついにこの日が

夏の間、リアルに忙殺されて、なかなか書かずにいました。気がつけば2学期。

ほぼ毎晩撮り溜めしたドラマも最後まで見ていられず寝落ち。歳のせいでしょうか、夜早くて朝早い毎日。月日が過ぎるのが早いです。

 

さて、引き延ばしに引き伸ばしをしてきたことが、ついに直面する事態になりました。子供達の夏休みの宿題ではありません。そんなの日常茶飯事。

塾についてです。子供の方から『通いたい』発言がありました…。とうとうこの日が来てしまった。

ヤル気は、湧いてきた瞬間こそ最も効果あるからよっぽどのことが無い限り引き止めないのが我が家の方針。選択した人を引き止めることはしません。ただ、家庭内検証はしました。

なぜか通いたいか。

問題点はなにか。

補完は自力ではできないことか。

もちろんこの年齢で完璧な答えなどは出てきませんが、通い始めたとしても惰性で行くのではなく、心の中に問いかけを置いておいてほしいから。

今月から塾の力もお借りします。さ、どうなるでしょう。

親は子供の無限の財布ではないのです。できる限りのことをできる範囲でしてあげたい、最強の協力者でいたいと思います。

純ジャパ

早いもので7月もあっという間に半分過ぎていました。神女はすでに夏休みで個人懇談期間、灘もこの週末には夏休みに入ります。

 

さて、タイトルのこの言葉。ある説明会に足を運んで、初めて知りました。

帰国子女ではない、日本で英語教育を受けてきた人のことを純粋ジャパニーズ、略して"純ジャパ"というそうです。私もあてはまる?。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/純ジャパ

wikiにもこんな説明がありました。

 

帰国子女が珍しい世代に育ち、結婚後に海外赴任したものの子育て始まる前に本帰国したため、うちの子供も当然帰国子女ではありません。そしてもう今後夫が海外赴任することは…ない模様。

私の英語は身振り手振りを加えた、なんちゃって英語。夫の英語は日系企業TOEICのスコアでもって海外赴任し、現地での仕事と自己学習で磨いた日本人英語。そしてうちの子達が目指すのも、通じる英語を話せる非英語圏のものの予定です。

"通じればいい"

この言葉には非常に広い幅がある。私のようなのもあれば、ちゃんと通じさせるには発音以外はネイティブ並みである必要もあるところまで。当然我が子には私並であってもらっちゃ困るなぁと、今日今年1回目の英検結果を確認しました。

……悲喜こもごも。

英検はあくまで最初のステップ。その先にある次のステージに行ってほしいものです。

そして、最近関西に増えた外国人観光客がお困りの時に何か声でもかけられるよう、私も今一度自分の英語力にテコ入れをしようと思います。声かけても、案内しきれてないモヤモヤがあるので💦

夏休みの使い方

中高一貫校、入った時は中高受験が終わったということもあり、時間がたっぷりできたような気がしていました。

小学校6年って幼児から思春期まで目に見えての成長もあり、とーっても長い。それと同じだけの24時間✖️365日✖️6年。本当にとってもとっても余裕ができたように感じるのです。

でもなぜかあっという間に高校生になってるし。そうなると高校受験組と目指す先は大学受験と同じで、妙にあったユトリ余裕…どこいった?みたいな。だからこそ長期休暇は有効に使いたい。夏休みはその最たるものです。

 

部活に夢中になる?

一人旅に挑戦する?

懐かしの青春18切符?。

ボランティアに参加する?

本を読みまくるか、映画を見まくる?

あ、ゲームをしまくるのはすでにやってそう。

制作活動に没頭する?

 

どんなものでも良いのですが、挑戦するのには絶好の時間。

タダでできるものはそう多くないし、時間と資金が許す限りなにか何かナニカをしたい!と思ってほしい。探してきてよ〜、これぞと言うものを。なんていう私の姿勢に、うちの子たちはじゃっかん腰が引けています。

もうすぐまた夏が来ます。

度重なる家庭協議と家計のやりくりを経て、ちょっとだけ世界を広げる人がいます。その後が楽しみではありますが、こういうのって親の期待ほどは成長しないし、親の侮りほど実りは少なくないのです。つまり彼らの変化は予想不可能ってこと。

親は、絞ったタオルをさらにカラッカラになるまで絞りきって資金を準備してるんだからね。そこわかってよね。

 

 

思春期の心の影響力

4月から新学年がはじまり、6月の今はなんとなく軌道に乗り始めたころでしょうか。うち子たちも文化祭や体育祭を経て、新しいクラスメイトとの人間関係も落ち着いたり色々もの思うところがある様子です。

幼い頃は悩まなかっただろう気があうあわない、話題の共通性有無、部活が同じか否か、アクティブかインドア派か、なんてことをぐるぐると考えているのかも。……成長したな。

とはいうものの6年一貫なので、学年が進むにつれて学年皆(友人といいたいところですが)知り合いくらいには、最低でもなっていく。居場所が得られやすくなっていく。3年ごとの環境変化を甘んじて受け入れていた公立組の夫も私も、6年一貫校の良さは教育面だけでなく、ここにもあったのかと子供達を通わせて始めて知りました。

 

そんななか、思春期の子供には良くも悪くも様々な変化が起こります。微笑ましく見守れるもの、親や周りと衝突するもの、心配になるようなもの。心にも、そして体にも。

特に女子には、月に一回バイオリズムが大きく変わるサイクルがあるので、男子より変調をきたしやすい気もします。親世代でも悩んだ方、いまだに悩んでる方もいらっしゃるはず。早い子は小学校の5年くらいから悩まされまているそうで、私の友人のお嬢さんは小学校6年でそうなり、体がとにかく怠くて辛くて学校に行けずになりました。受験も考えていたものの体一番の判断で高校受験に切り替えられました。

熱もないのに体がしんどい、という症状。なったことが無い方には怠けと捉えられることだってあります。ですが、それだけではないのが体の不思議。息子はともかく、うちの娘は結構影響を受けるタイプのようです。お腹痛い頭痛いフラフラするなどなど。この波が押し寄せた頃は隠れた病を心配して色々病院に連れて行ったりしましたが、どこも悪くない。あえて言うなら風邪?。それは受診する科を変えても同じでした。心が体をも支配するのか、テンションが上がる日はあまり起こりません。でも起きてる時は嘘ではないのです。

そういえば私も、部活がしんどくてしんどくてイヤでたまらない時、体調がわるくなって微熱が出て早退したことがありました。帰って寝てれば治ったのです。自己暗示である程度の体調まで影響させていたのかも⁈、と今更ながらに思います。娘とは違うかもしれませんか、大きくくくった思春期の心が支配する、体への影響です。

そんな変化も、今は昔。大人になってしまった今はこころを影響なんてさせてる暇なんてなく、体調悪い時はバキッと悪いしかありませーん。どこにも本当に悪いところがなく、心の影響だけであるならば、いつか娘も大人になり、そうなるでしょう。今できることは親としては心配しつつ、見守るのみなのです。

ちょっと歯がゆい。

才能とは⁈

f:id:yukinkotwins:20190608205726j:image f:id:yukinkotwins:20190609060143j:image

今日はお友達が誘ってくださったので、京都の上賀茂神社であった葉加瀬太郎音楽祭2019に行ってきました。

家のことは子供たちに任せた!、私は私の時間を過ごす!、なんて気持ちで出かけてしまいました。

 

感想…やはりなんとも素晴らしい。

葉加瀬太郎さんはもちろんゲストの方々も超一流✨。色んな音楽の表現が面白い。そして和の楽器なのに思いがけず洋…な音。意外性のある表現に触れると、私って本当に型通りにしか生きてないなぁと思います。

そして、藤井フミヤさんは本当に声がいい!。昭和平成過渡期から平成初期の甘酸っぱい思い出をくすぐってくれます。

出演者の皆さま、音楽に生きると決めた方々。この素晴らしさを、才能って言葉だけで簡単には片付けたくないなぁ。きっと努力や縁や選択や決断、覚悟を重ねてきたからこのステージがある。才能という言葉で表現するのは、敬ってるようであり積み重ねたものを軽んじてるようでもあり。持たざる者の無知かもしれませんが、25年間好きと生業は違うとしりながら音楽を続けた人間の戯言と読み流していただきたい部分もありますが、とりあえず良いものを見て聞いて感じるのは最高だってことです。

 

来年以降、葉加瀬太郎さんが望むようまた実現されるなら、子供たちのどちらかだけでも付いてきてほしいな。

さきほどまでに息子にサックスすれば?サックス、ギターでも可‼︎、とぶりぶりざえもん(byクレヨンしんちゃん)の如く絡んでました。

好きだけで十分、音楽できるのってやはりいい。

http://wwwww.co.jp/wwwww/hakase_ongakusai/

 

ただ、雨は降ってもってくれたけど、寒かったーっ。

来年行くときは暑さ対策と日焼け対策と雨降り対策と虫除け対策と防寒対策、しなければ。