子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

感染症クライシス

今年も今日からいよいよ前受が始ま理ましたね。

まず北嶺、函館ラサール。

明日は愛光。

今年度は娘が可愛がって、あつかましくも勉強を教えていた習い事の後輩さんが本番を迎えられる為、娘はなんとなくソワソワしているようです。それとも自分の宿題考査への不安かなっ⁈。

 

雪も無くて、気温もまあまあ寒すぎない年明けだなぁと思っていたのですが、私の職場はにわかにインフルエンザが牙を剥き始めました。今年はAがきているよう。職場では予防接種をしてない人たちが連れ立って接種に行くべきか時すでに遅しかと、ざわついていました。

そんな中、年末から熱はないものの喉が痛かった私。1週間すぎても喉のイガイガが治らないので、年始の診察が始まるとすぐに病院に行ってきました。万が一私がインフルエンザのスプレッダーだったらなんて不安もあって。

……溶連菌です。

夏にも一度かかって、あの時は38度超の熱と節々の痛みが取れず、インフルエンザかと思っての受診でした。その時と症状が全然違う!。

そうは言っても罹ってるのは間違いないので、ペニシリン系のお薬を飲み始めました。

ところによってはリンゴ病も流行ってるとか。

空気の乾燥もあり、いろんな病気が巷には溢れています。どうぞ皆様、お体に気をつけてこの冬と大事な時期を乗り越えてくださいね。