子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

我が子の目

昔…というか、3年生だか4年生だかの息子に、『ママの顔は化粧してもしなくても一緒』と言われたことがありました。

単純な私はそれを、=すっぴんが綺麗だと思ってくれてる、と長らく思い込んでました。それが覆されたこの週末。

 

お友達とお茶しにでかけるために、さぁ顔塗ろうと言った私に息子が反応。あんまり変わらんやんと。で、私の記憶センサーが働きまして。昔からそう言ってくれてるよねぇとシツコク絡んだところ。

『小さい時は化粧した顔がしてない顔やと思ってた』

‼️。そりゃ加工前と加工後が同じだと思います。

じゃ、今は?。私シツコイので、まだなお絡む。けれど、息子は大人の対応を身につけた。

『あーはい、キレイキレイ』

いやもっと詳しく。

『同じ同じ』

繰り返して言われたら真実味なく聞こえる。

『キレイキレイキレイキレイ』

………。

 

子供は嘘は言わないといわれますが、彼らに見えてる幻想は大人も都合よく曲解してしまい、先にあちらだけ卒業しちゃうので、残される方は侘しいものです。

ということで、期末頑張ってもらいましょう!。