子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

あと3週間

今年も統一日まであと3週間を切りましたね。塾も冬期講習の時期に入っているかと思います。

きっと頑張る6年生のお子さん方、ご家族ともに、気持ちが張りつめてらっしゃることでしょう。

 

ここからはただただ、まず健康。お子さんも、親御さんも、ご兄弟も!。とにかく体調を崩さないように、淡々と平常を続けてください。インフルもノロも罹らないよう、手洗いうがいを。

病院なんかにあるようなスプレー式のアルコール消毒を玄関に置いておいて、帰宅時は全員シュッとするというご家庭もありました。

 

また、色んなパターンを考えて、結果次第で3日目4日目にどう動くかシュミレーションして、事前に願書を出す必要があるものは出し忘れのないようにしてください。

灘の結果を見て○○に願書出しに走るつもりだったとか、電話で出願するかもしれない学校前で待つ他の家族に連絡することになっていた、なんて話をよく聞きます。

ここだけ挑戦で、と頑張るのもありでしょう。

進学するか否かを別に、数年間の頑張りの成果を第1でなくとも合格という形で得ることも、子供の気持ちにはプラスになるのではないかと思います。

親は、万全を期す必要がありますが、弱気になっちゃダメです。親のマイナス思考は子供に移ります。最悪を想定して、最善を尽くす…ってこの言葉も、馬渕の先生もおっしゃっていたかも。

 

あと3週間、悔いのないように皆様が過ごされますよう、お祈りしています。