子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

洛南か東大寺か⁈☆リューの選択

我が家はどちらも通学可能なのですが、なぜリューが第二志望を東大寺にしたか?。

 この4つが判断基準でした。

 

○男子校か共学か

○部活

○校風

○第三志望に行く覚悟

 

 マイコが居たこともあり、同じ学校には行きたくなかったリュー。マイコが行くかもしれないという可能性があるだけで、洛南では無かったのです。

西大和ですら、別学だったのでOKしたほど。

仲悪いわけではないのですが…💦。

加えて、男子は男子だけの方がバカになれる…という話を聞いたことはありませんか?。確かにそれはあるかもと思いました。

校風にもよるかもしれませんが、女子の目のないところで、バカバカしいことに熱中したり笑い転げたりして、自分の殻を破ってほしいなと思う部分がありました。

これは、女子が居ても出来る子は出来ますので、あしからず。

 

部活。特に高校からの部活。

東大寺だと皆同じなので、部活は自分たちのチームのみです。

洛南は高校から空コースと海コースに分かれて、中学からの子達は基本空コースに進学します。高校から海コースで入ってきたバリバリの運動部系が第一線で活躍するされるために、空の部活はちょっと違った意味合いのものになるようです。逆に空の生徒に期待されるのは、やはり勉学になるよう。役割期待がはっきり分かれています。

 

塾の個人懇談でも、性格はまあ東大寺の方が向いていると、どの学年でも言われました。

灘以上の自由が謳われている東大寺ですが、そんな所でちょっと変わった友達に囲まれた青春を送ったら、面白い人生になるかなぁと思ったり。

 私の友人の何人かが洛南にお子さんを通わされていてその聞くところによると、頭髪規制なんかはあるものの中学はわりと自由だそうです。

その中の1人は、ある程度の洛南の規律を守りつつ、友人に呼びかけて休日の遊び企画したりして満喫されています。この才能は、すごい。人間力というのでしょうか、求心力と呼ぶべきか、きっとそのお子さんが持って生まれた才能だと、私にもリューにもないものなので、羨望の眼差しで見ています。彼はどの学校に行ってもそんなリーダーシップを発揮できるんだろうな。

…たぶん受け身なリューは、そんなことが出来ない。今でもそうですから、洛南に行っていたとしたら今以上のルール君になっているかも。そんな未来予想もしたのです。

余談ですが、マイコはこの友人のお子さんと近いです。だからこそ、進学先がどこでも6年間を楽しめるかなと思いました。

 

あともう一つ。

第三志望が西大和なら、西大和に行くか第二を死守するか。

リューは西大和に行くことを選びました。

友人達は西大和は遠すぎると、第二志望でくい止めるために、専願切替のできる洛南にされました。

すべてのパターンを検証はできませんから、どれが正解かはわかりません。わかるのは、出願する時の本人と親の覚悟で決めるべきこと、かなと思います。