子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

復活の芽☆リュー小6の10月

リューが持ち直したのは、10月の前半だったか後半だったか…。

灘トラを受けてる彼をお迎えに塾に行った時、答え合わせをされていたNの理科の先生にお会いしました。

その時に言われたんです。

『彼、問題の選び方をわかってきましたよ』

って。

 

夏休み前の彼は、とにかく苦手な国語と理科に正面からぶつかって、どれが取れたか取れてないかの実感のない状態から。

国語も登場人物の気持ちなんて人間が違うんだからわかる訳ない😭と、よく言ってました。

それが夏期講習と夏の特訓と苦しい9月を経て、解くべき問題、手を出さない問題、必須の問題を選べるようになったそうです。

 

終わって出てきたリューに、先生がきかれます。

これ、わかって捨ててたやろ?って。リューは照れくさそうに、ハイと。それで良いらしいです。

算数が得意なリューの戦い方は、国語と理科は人並みに。作戦が子供によって違うんだな〜と思いました。

 

ここをキッカケに、彼は安定していきます。