子供たちと走り抜けた関西中学受験の備忘録

私たち親子の中学入試までの日々を振りかえり、少しでもこれから挑戦される方の参考になればと思います。

※5年生までの算数

最難関レベルを解き慣れる、これが5年までにマイコがなやんだ壁です。見たことのない問題には怯んでしまい、解く気を無くす。

それが点に反映され、取れるものも取れなくなる。悪循環…。

何回も個人懇談で指摘されました。

 

リューは反対に面白がりました。

解いたことのない問題、解きごたえのある問題にはすすんで手を伸ばしました。

最難関特訓の資格を貰うと、嬉々として参加。サッカーとぶつかることだけが悩ましいところだったようで、このタームは行く、行かないと取捨選択していました。

 

算数に向かう姿勢がポジティブであってほしいなと思います。